忙しい人必見!いま最新の脱毛法はコレ!

沖縄の全力で頑張っている女性へ。
半年で脱毛が完了する最新の方法をご紹介!

沖縄の脱毛にもついに革命がおきました。
その名も「SHR」という脱毛法

超!効率化主義の人には、持ってこいのスピード脱毛が沖縄でも出来ます。

SHR脱毛3つのポイント

1、メラニンとバルジ領域にダブルの脱毛効果
2、2~3週間に1度のペースで脱毛できる
3、ウブ毛も一緒に脱毛できる

メラニンとバルジ領域へダメージを与える

メラニンとバルジ領域の両方にダメージを与える脱毛方法だから、目に見える毛とこれから生えてくる毛の両方へのダブルの脱毛効果!
忙しいあなたも、SHRのダブルアタックで脱毛にかかる時間で悩まされることもありません。また従来の方法では、メラニンだけに強い光を照射するためメラニン色素の多い、日焼けをしている肌やほくろの部分は脱毛できないとされています。
SHRもメラニンには作用しますが皮膚に負担のない細かい光であるため、日焼け肌や色黒、ほくろや乳輪、色素沈着した肌へも照射熱をあてることができるのです。
さらにバルジ領域へダメージを与えることで、毛が育ちにくくするという抑毛効果にもつながります。

memo:バルジ領域とは
毛を育てる発毛因子の領域。毛包の上の方にあり、このバルジ領域が毛を育てるために必要不可欠。

2~3週間に1度のペースで施術ができる

SHRは毛周期に関係なく脱毛できるため、1回の施術後すぐの2~3週間後に施術できます

2週間の目安は、毛が抜け落ちるタイミング。

脱毛回数が短期間で多いから、ちゃんと通えば約半年で脱毛が完了します。

さらに、施術時間も全身脱毛で12分、お着替え時間を入れても30分というスピード脱毛だから、忙しいあなたの時間を無駄にしません。

memo:従来の脱毛法では
従来の光脱毛では毛周期に合わせて通う必要があったため、およそ3カ月周期で通うのが一般的だったため、脱毛完了までに2年以上かかるの普通でした。

ウブ毛も一緒に脱毛できる

メラニン色素の薄いウブ毛を脱毛出来るのはSHRだけ

ウブ毛は色素が薄すぎて、メラニンのみに脱毛する方法では、回数を重ねても脱毛効果が低いのが現状でした。

それが、SHRならバルジ領域にもダメージを与えるため、ウブ毛にも作用するという画期的な脱毛法です。

memo:硬毛化のリスクもあるウブ毛脱毛
従来の脱毛法はもともと高い照射熱をあてていたため、稀に低すぎる照射熱を設定することで、毛穴が刺激され、硬毛化といわれる、毛が濃く太くなるというリスクがありました。

SHRの光熱エネルギーについて

従来の脱毛法と、明らかに違うのが連射式で脱毛しているということ

細かい光を連射して、毛包全体を温めダメージを与えていく方法だから、痛みもじんわり温かさを感じる程度

また従来のメラニンだけにダメージを与える脱毛法だと、毛の量が多いワキやVIOは痛みを感じやすく、人によっては脱毛自体を断念してしまうケースも。

SHRなら、痛みを感じやすいひとも続けられる脱毛法。

memo:脱毛で痛みを感じるワケ
メラニンが破壊されると脱毛中に痛みを感じます。
SHRも全く痛みがないわけではありませんが、従来の脱毛法は、メラニンのみにダメージを与えていたため、痛みを感じやすかったというワケ。

忙しい沖縄女性にはSHR!

沖縄の女性は男性に比べて、パワフルに走り回っている人が多い傾向に。
そのため常に忙しく、脱毛期間が長くかかってしまうと、ついついおっくうになりがち。
そんな沖縄女性にはSHR脱毛がオススメ